ブログ Yacht Club Blog

RS Aeroのワールドがメルボルンで開催されます!

今年の年末年始にRS Aeroのワールドがあるというので、

冬休みを利用してメルボルンに行ってきました。

 

 

メルボルンの街はそれなりに都会です。

ワールドが開催されるBlack Rock Yacht Clubはメルボルン市内から車で約20分。

ビクトリア州のブラックロック地域です。セールメルボルンが開催されるブライトン

から車で約10分のところです。

 

 

ブライトンからブラックロックは市内から近く海岸沿いは湘南をリッチにしたような感じです。

 

 

Black Rockヨットクラブに、2019年12月28日からRS Aeroワールドが開催されるというので、

どんなところが見に行きたいと連絡したところ、

じゃあ、クラブレースの日にくれば皆がいるよ、とお誘いがあったので良い機会なので

クラブレースにも参加をしました。

 

 

RSFevaを勧められたのですが、今までに乗ったことがないPacer というヨットで

2レース出てみました。(写真左がPacer)40艇くらいが参加していて、

RSFeva、RSQestや Aero5、Aero7、OKディンギー、セイバー、125クラス

チェラブ、RS 200、 Musut skiff などが参加していました。

スタートは最初に艇速の遅い艇がスタートして、5分後にジェネカー艇とトラッピーズ艇がスタート。

 

 

最初は順風だったのですが、2レース目には風も波もかなり出てきたので、

子どもやビギナーの方は途中でビーチに戻りました。

クラブのスクールでヨットを始めた方もいて、アットホームな雰囲気でした。

 

そして参加者の方の年齢は子供から70代の方まで様々。

運営のみなさんは60代以上の方が多くてきぱきと運営をされていました。

これは海外のレースに行くといつも感心することです。

 

 

レースの後はクラブのバーで飲む方がい多いです。クラブハウスはそれほど大きく

なくコンパクトで、目の前にスロープがありすぐに海に出られるのが嬉しい環境です。

 

 

RS200が戻ってきました!

 

 

こんなアットホームなところなら、参加しても大丈夫そう!と思えました。

RSオーストラリアのトムさんも風が強くなったら戻ればいんだよ!と来たい

人はみんなウエルカムとのこと。みなさん、とてもフレンドリーな笑顔でした。

今年の冬、思い切ってRSaeroワールドに参加してみませんか?オープンエントリーです。

 

海外の方優先にチャーターが出来ますがチャーター艇をイギリスから運ぶので申込が

6月ですのでお早めに!RSAeroを持っていなくても参加できます。

 

次の日は姉妹クラブのブライトンヨットクラブで RSAeroのクリニックがある

から見に来れば、と言われて見に行ってきました。

 

 

ここのクラブはステキなレストランの前にテラスがあって、その前の芝生にヨットが並び

ビーチにつながっています。

写真左のフロート付きマストはRSQuest。結構沢山あります。

 

 

クラブの目の前の桟橋を歩くとクルーザーが係留されているという夢のような環境です。

 

 

いいなあ、、とため息が出そうでしたが、クリニックは熱心に開催されていました。

コーチはレーザーラジアルの元オーストラリアチャンピオンです。

 

 

ユースや女性の方もいますが意外に年配の方も多く参加していました。

Aeroは現地ではレーザーとさほど値段は変わらないようなのですが1300AUD

なのである程度余裕のある方が多いのかもしれません。

 

 

今回メルボルンに来て感心したことは、

ヨットクラブの建築がビーチが残されるように桟橋が作られていて、

テトラポットではなく自然の石を入れていたこと。

 

 

年齢がいっても全然おかまいなしにバンバンセーリングする

オーストラリアのセイラーの力強さでした。

12月まで時間もあるので、少し体を鍛えてAeroのワールドに行ってみませんか?

ページの先頭へ戻る