ブログ Yacht Club Blog

RSaeroワールドinメルボルンまであと1ヶ月

今年の年末年始にかけてRSaeroのワールドがオーストラリアのメルボルンで開催されます。

RS Aeroの国際クラス協会のウェブサイト(英語)

 

RSaeroはRSsailingから2014年い販売を始めてまだ5年ですが、

カーボン素材の船体30キロの軽やかなセーリングが多くのセイラーに支持され、

世界中に広まり始めています。

 

 

2024年のオリンピック艇種にもノミネートされ、艇の性能で1位を獲得したこともまだ記憶に新しいですね。

→ ワールドセーリング評価

→ SAIL WORLDオーストラリア(英語)

 

葉山セーリングカレッジからは4名の方がRSaeroワールドにエントリーしています。

 

 

みなさん、忙しいお仕事の合間に少しづつ練習をしています。
メルボルンは強い風がコンスタントに吹くので、全員一番小さいセールのRSaero5でエントリーしました。

参加されるメンバーの経歴も様々です。

 

 

鈴木さんは体育会ヨット部で470に乗っていましたが、お仕事に余裕ができて、

久しぶりにhscのクラブのメンバーに。
シングルハンドの経験はクラブでレーザーが初めてです。

 

増田さんはジュニアヨットクラブの出身で高校生までヨットに乗っていましたが、

社会人になってhscクラブでヨットを再開しました。

もともとミニホッパーやシーホッパーに乗っていたそうです。

 

大垣さんは社会人になってからhscでヨットを習い始めて、まだ2年半。

ヨットレースの参加はクラブレースのみなので、初めての大きなレースがワールドになりました。

 

中尾はhscの代表でレーザークラスの全日本チャンピオンになったこともありますが、

公式レースは久しぶりです。

 

経歴は様々のみなさんですが、初めてオーストラリアで行われるRSaeroのワールドの完走を目指して、

安全に楽しくレースに参加したいと考えているようです。

 


そろそろ日程も近づく中、11月に2日間、練習会を行いました。

いい風も吹いていたので、全員でタック、ジャイブを繰り返しながらの帆走練習を中心に練習していました。

 

 

船体が軽い為フリーのスピードが速く、

それほどの風でなくてもスプレーを浴びながら疾走することに。

 

 

増田さんは体重も軽いのでブローが入るとRSeroの俊敏さをコントロールすることが大変です。

 

 

大垣さん、ヨットを始めて2年ですがなかなか格好よくなってきました。

 

 

鈴木さんはそつない走りで安心ですね。

 


ワールドまであと1ヶ月、少しでも多く練習していきたですね!

みなさん、応援よろしくお願いします。

メンバーの方で応援に行かれる方もいらっしゃるようです。

楽しいレースになりますように!


※今年の2月にワールドの会場になるメルボルンにどんな様子か見に行ってきました。
 ブログはこちらから

葉山セーリングカレッジブログ〜RS Aeroのワールドがメルボルンで開催されます!〜

 

ページの先頭へ戻る